正社員、辞めます

23歳、新社会人になったはずだった。精神的に愛されたくてしょうがないメンヘラアダルトチルドレンのブログ。

自信を持たせる方法


彼は今日「自分には存在意義が無い」「自信をもてるものがない」と言った。


男の人は自分に自信を持たせてくれる彼女を求めるというのは本当なんだと思った。

でも私は、咄嗟に自信を付けられるような言葉が浮かばなかった。「そんなことないでしょ」「どうしてそんなに自分を下げるの?自信もっていいと思う」としか言えなかった。


私だって自分に自信なんかない。存在意義だってもちろん無い。

それなのに男の人に自信を持たせなければならないのはちょっと疲れると思ってしまった。


でも彼はいつも優しくて結構な頻度で会ってくれて毎回奢ってくれてバイクの後ろにも乗せてくれてラインを毎日くれて、何故かわからないけど私と一緒にいることを好んでくれたようだ。

だから私も彼がしてくれていることには応えないといけないと思う。

自分から好きになった人がここまで好意を返してくれるとは夢にも思わなかった。


今度彼に会った時には彼のいいところを一つ一つ具体的に説明しながら紙に書き出そうかと思う。気持ち悪いかな?


私のことを幸せにするっていうのは彼の存在意義にはなり得ないだろうか?傲慢っていうやつかな。



「計画性がないからあなたはやめろって友達に言われた」とか言わなくていいことを彼に言って傷つけた。

ローンを組んで数百万円のバイクを買ってしまうところが不安だった。

結婚を前提に付き合っているわけでもないし、彼が自分の稼ぎをどう使おうが自由なのに…

私が勝手に脳内で結婚まで考えてしまっていて、本当にダメだなと思う。

こういうのってどう伝えればいいんだろう?何も伝えるべきではなかった?


あと仕事が決まった!続けられるのかわからないけど…

彼のことばかり考える毎日はもうすぐ終わるだろう。幸せだったけど、とても疲れた。